2015年4月8日水曜日

東京都内でキビタキが観察できる可能性のある場所

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京23区内で観察できるキビタキは多くの場合、

同じ場所に数日しかとどまらないため

観察するのは非常に難しいです。


そこで今回は東京23区内のキビタキが観察できる

可能性のある場所をいくつかピックアップしたいと思います。


明治神宮

明治神宮は有名な探鳥地で訪れる

バードウォッチャーも多いため、

キビタキが入るとブログなどで情報が出る機会が多いです。



葛西臨海公園


葛西臨海公園では鳥類園のスタッフの方が野鳥情報をブログで

発信しているので毎週要チェックです。


東京港野鳥公園

東京港野鳥公園では毎年キビタキが確認されており、

高確率でキビタキを観察することができます。


また、公園のホームページに定休日以外毎日、

その日に確認された野鳥が掲載されているので

ホームページを毎日チェックしていれば

比較的容易にキビタキを観察することができると思います。



上記の観察スポットは以下のホームページで詳細がご覧になれます。

HP:野鳥観察スポット
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年4月7日火曜日

東京都内でカワセミが観察・撮影できる公園・場所 その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
かなり前の記事で東京都内でカワセミが観察・撮影できる公園・場所

を紹介しましたが、その第二弾です。

前の記事はこちらから↓↓↓

「東京都内でカワセミが観察・撮影できる公園・場所」

http://wildbird22.blogspot.jp/2014/02/blog-post_6.html


追記:新しいブログに、今回の記事を加筆・修正してアップしました。
「東京都内でカワセミが観察・撮影できる場所のまとめ」
http://yacho-joho.com/tokyo-tonai-kawasemi-satsuei-basho/

砧公園


砧公園でバードウォッチングというと

園内のバードサンクチュアリが有名ですが、

砧公園でカワセミを観察するなら園内を

流れている谷戸川がおすすめです。


谷戸川には橋がいくつか架かっており、

橋の上からカワセミを観察することができます。


ただし、比較的小さな橋のため、

橋の上からの観察の際は歩行者や自転車に注意が必要です。



葛西臨海公園



葛西臨海公園内にある鳥類園の上の池、

下の池の両方で観察することができます。


どちらの池も観察窓があるため、

運が良ければかなり近くでカワセミを撮影することができます。


水元公園


水元公園には園内にカワセミの里があり、

カワセミの観察に適した公園です。


水元公園のカワセミは有名なのでカメラマンが

大勢いる場合がありますが、

カメラマンが多くいる場所以外でも

カワセミは観察することができるので、

一か所にカメラマンが固まって観察しにくい場合は

周辺を探してみることをおすすめします。



不忍池


不忍池ではアシにとまるカワセミを観察することができます。


一見カワセミがいないように見えても

アシの奥の方にいたりするので

双眼鏡やフィールドスコープでアシ原を

覗くと意外と簡単に見つかったりします。


上記の観察スポットは以下のホームページで

詳細がご覧になれます。

HP:野鳥観察スポット

このエントリーをはてなブックマークに追加